Staff BlogNagoya

Yumi Tsuchiya
名古屋店

土屋有美

岐阜県土岐市出身。

名古屋店ではつっちーと呼ばれています。是非気軽に呼んでくださいね!

小さいお子様や赤ちゃんが好きで、日々の皆さんの暖かい笑顔に癒されています。

名古屋でお会いしましょう!

photo essay -その子らしさ-

2018/1/31

759 0

 

写真を撮るためには条件はたくさんあります。

 

技術面、相手との会話、その上で分析力

イメージ、を作り出す力頭の中で描いて行きます。

 

その子らしさを撮影したい、

 

見たことない表情を引き出してみたい、

 

美しい一瞬を切り取りたい、

 

など出てくると思います。

 

だからこそ同じ写真はありません。

 

同じ場所で違うカメラマンが同じ場所、同じ時間に撮影したとしても

 

同じ写真は生まれない、撮影の仕方感じるものも大きく違うと思う。

 

被写体が違うと言う事もありますが、

 

イメージ、会話、想像力から描く事で

 

写真もその人らしい写真が撮れます。

 

 

話が変わりますが、

 

この写真は

 

パワーがある兄弟写真です。 

 

元気いっぱいとかではなくてパワーを私自身は感じた撮影でした。

全力で遊び、全力ですべてを返してくれる二人

 

この写真は、「本読んでみて?」

コーディネーターの玉田さん 

二人に絵本を渡してくれました。 その瞬間動き回っていた二人は静まり

本をめくりはじめました。

 

二人の違いは

 

本の高さ

 

読み方

 

角度

 

姿勢  

 

顔の近くにもって行き微笑ましい表情で、本を読んでいる兄。

 

足元に置き下を見ながら本を読んでいる弟。

 

兄弟の違いを表現し、この子らしさを表現できた1枚。

 

玉田さんが本を手渡してくれてなかったらこの写真は生まれていません。

 

この場所を借りてお伝えしたいです。ありがとうございます。

 

また話は戻させていただきます。

 

被写体にあった美しいさ、イメージを最大限に引き出す事をすること、

求められているものを「最大限」に表現したい。

 

私には不足していることがたくさんあります。

適当な言葉を並べるではなくて、

分からないままにして迷っている場合ではなく、

自分の中で何が不足しているのか、解釈出来ているのか分析して行きます。

 

悩んでいる場合ではないので、今しかない写真と言う形に対して

 

向き合って行きたいと思います。

 

 

 

 

 

この記事をシェアする