Staff BlogIchikawa

押方里愛
市川店

押方里愛

こんにちは!

押方里愛こと「おっしー」です。

漫画、アニメ、特撮、音楽、物作り、お菓子作り…
好きな物がたくさん!!
好きな物が被ったら、お話しましょ〜

まったり更新していきますので、よろしくお願いします☆

鈍感な世界に生きる敏感な人たち

2020/7/17

188 0

皆さんこんばんは、おはようございます、こんにちは。

7月も半ばになりましたね。
1日1日があっという間すぎますね。

 


今日はですね、

「鈍感な世界に生きる敏感な人たち」(著)イルセ・サン

こちらの本を紹介したいと思います。
今回、こちらを読んだきっかけは、私も敏感過ぎる人だからです。

 

 

自分の敏感さとどのように向き合えばいいのか、どのように過ごせばいいのかなど悩んだことがあります。この悩みを解決に導いてくれた作品なのではと読みながら感じました。

 

 


まず、この本はHSPのチェックからはじまり

【HSPの能力】
【HSPの心の問題】
【「鈍感な人たち」とうまく付き合うには】
【「敏感な自分」とうまく付き合うには】

といった、4つの項目に分けて執筆されています。

 


著者は最初にこういっていました。


あなたは「神経質」でも、「忍耐力がない」わけでもありません。
敏感さは、愛すべき「能力」です。

 

 

私はこの文が自分の心にスっと入ってきたため、サクサクと本を読み進めれました。
集中しすぎて、旦那さんに声をかけられても気付かず.......
それほど、熱中して読めました。

 


この本を読み、敏感故の対処法などは納得するだけでなく、周りとの考え方の違いはこんなにあるんだと思うようになりました。
敏感な人は、話す時にこう考えているから、こうなんだといった解説もあるため、とてもわかりやすい本です。

 

 


もし、周りにも敏感で生きにくいと感じてる人がいたら、こちらの本をオススメしてみてください。
もしかしたら、悩みの解決策に繋がるかもしれません。また、向き合い方なども変わるかもしれません。

ぜひ、身近に感じていただければと思います。

この記事をシェアする